Shota UONO
TOP Seminar Publications Presentations CV Links  
Don't spend time beating on a wall, hoping to transform it into a door.  Coco Chanel

 

魚野翔太 (うおの しょうた), 博士 (教育学, 京都大学より授与)

京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻

発達障害支援医学講座  特定准教授

自閉症スペクトラム障害の社会認知機能について心理学・神経科学研究をしています。定型発達者やその他の障害を持つ人も含めた社会認知機能の個人差とその発達を説明する基礎的な機能は何かということに興味があります。

 

 

Adress
〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町53

京都大学大学院医学研究科
人間健康科学系専攻
発達障害支援医学講座



 


 
News

●新しく論文が出版されました。

Kawakami, S., Uono, S., Otsuka, S., Zhao, S., & Toichi, M. (2018). Everything has its time: Narrow temporal windows are associated with high levels of autistic traits via weaknesses in multisensory integration. Journal of Autism and Developmental Disorders. https://doi.org/10.1007/s10803-018-3762-z (視聴覚刺激の呈示タイミングの弁別力が高いほど視聴覚統合が起きにくく自閉症特性が高い)

Zhao, S., Uono, S., Yoshimura, S., & Toichi, M. (2018). A functional but atypical self: Influence of self-relevant processing on the gaze cueing effect in autism spectrum disorder. Autism Research, 11, 11, 1522-1531. https://doi.org/10.1002/aur.2019 (自閉スペクトラム症を持つ人と定型発達者では自己関連処理が視線による注意シフトへ異なる形で影響する)
Web上で公開されています。ダウンロード不可ですが読むためだけのリンクを送ることができるので必要な方はご連絡ください。



近況

今後何年かの研究計画を考えています。写真は学会出張の合間に撮った東京駅。

 

Copyright © Shota Uono. All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア